工事の様子

通常の工期は2日程度で、校門の通行止め等も発生いたしません。学校生活に大きな影響をおよぼすことなく設備の設置が可能です。

現地調査

現地調査

現地の状況に応じて機器配置を検討します。
機器を仮配置し、磁場や通信の状況を確認します。

目地材の除去

目地材の除去

タイル目地にそってトリガーコイルを埋め込むために、剥離処理を行います。
(写真は工事前のマーキングの状態です。)

トリガーコイルの埋込

トリガーコイルの埋込

目地を剥離した後、トリガーコイル(ビニル電線)を埋め込みます。

※左の写真の水色は養生用テープです。施工後に撤去します。

シーリング材の充填

シーリング材の充填

トリガーコイルを埋めた後、目地部をシーリング材等で処置いたします。

受信アンテナ等の設置

受信アンテナ等の設置

同時に、受信アンテナ、機器収容盤(制御・通信機器)を設置します。

受信環境の調整

受信環境の調整

磁場の強さを調査し、調整を行います。
アンテナを調整し、受信環境を整えます。

通過テスト

通過テスト

通過テストを行います。

工事完了

工事完了

清掃、戸締まりを行い、工事は終了いたします。

土曜日、日曜日など学校生活に影響を与えない日程で工事を行います。
(通常は1,2日で工事は終了します。通行止め等も必要ありません)

お問い合わせ

ページ上部へ戻る